ビーズアクセサリーを手作りする時に、初心者が迷うネックレスの金具その②


こんにちは!
コボ先生のちょこっと話しです。

ビーズアクセサリーを作る時に、初心者が迷うネックレス金具その①はこちらをどうぞ

🌼ネックレス金具の定番その②「カニカン+アジャスター」

定番その①に続いて多く見かけるのが、「カニカン+アジャスター」ですね。
カニの爪に見えることからカニカンと呼ばれてると思うんですが、
これも引き輪同様に、色々なサイズがあります。

写真右の方が、カニカンです。
そして、左は「丸カン+リング」を組み合わせて「アジャスター」を作ってます。
市販のアジャスターを使わなくても、デザインによっては自分で組合せて作った方が
イメージ通りに仕上がることがありますから、参考にして下さいね。
「丸カン+丸カン」でもつくれますね♪

ネックレスの金具カニカン

そしてチェーンの両端の処理を、今回は「かしめ」と言われる金具を、平ペンチで押えています。
また詳しく教えて欲しいというリクエストがあれば、説明したいと思います(^_-)-☆
チェーンと金具は、丸カンで繋いでいます。

次回はその③で~~す。


カテゴリー

ネックレスの金具カニカン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です